口内を綺麗に整える方法

歯や口臭を綺麗にする

歯の着色汚れが気になったら、ホワイトニングやクリーニングをすることで綺麗な歯に生まれ変わることができます。 人と会話をする時は歯を見られるので、いつでも綺麗に整えておきましょう。 それがエチケットの基本で、着色汚れがひどいと相手からの印象が悪くなります。

口臭の予防に繋がる

自分の口臭が気になっている人は、唾液の分泌量が減っていないかチェックしてください。 唾液が少ないと口内を殺菌できず、細菌が繁殖して口臭が悪化するという仕組みです。 ただ減っていても努力すれば分泌量を増やせるので、その方法を知ってさっそく実践しましょう。

消化の良いものを食べる

たくさん胃を働かせると、次第に疲れて機能が低下してしまいます。 その時に胃からガスが発生し、口臭の原因になると覚えておきましょう。 時には胃を休ませて、機能を回復させてください。 またストレスが胃の不調の原因になることもあり、定期的に解消しなければいけません。

ホワイトニングをしてみよう

まずは、歯を綺麗にする意識を持ってください。
歯に着色汚れがついていると汚いですし、誰かに見られた時に印象が悪くなってしまいます。
着色汚れが気になる時は、ホワイトニングを受けてください。
ホワイトニングは歯医者で行う方法と自宅で行う方法があるので、メリットを比較してから選びましょう。
また歯のクリーニングを受けることでも、汚れを落とせると言われています。

口臭が気になる人は歯をきちんと磨き、口内でたくさん唾液を分泌するように意識しましょう。
特に唾液の存在は非常に重要で、分泌量が少ないと口内が乾き、口臭の原因になってしまいます。
たくさん唾液を出すためにはよく噛んで食べたり、マッサージをしたりするのが良い方法です。
さらにこまめに水分補給をして、口内に直接潤いを与える意識を持ってください。
水分補給は水か、お茶を選択しましょう。
ポリフェノールが含まれているお茶は口内を殺菌できるので、口臭予防に効果を期待できます。

急に口臭が悪化した時は、胃に問題があるのかもしれません。
暴飲暴食をして胃が疲れている時は、口臭がひどくなりやすいです。
ですからバランスの良い食事を適量食べましょう。
また消化に良いものを食べたり、胃の働きを助けてくれる食材を多めに摂取したりするのもおすすめです。
さらに強いストレスを感じることで胃にダメージを与え、口臭の原因になってしまいます。
定期的に好きなことに取り組み、ストレスを解消してください。