口内を綺麗に整える方法

>

噛むことが最も重要

顎を動かすことで、唾液が分泌されます。
すると唾液は口内の細菌を浄化してくれるので、口臭が気にならなくなります。
口臭がひどい人は常に口内が乾き、唾液の分泌量が減っているのかもしれません。
たくさん噛んで、分泌量を増やしてください。
食事の際は1口で、30回は最低でも噛みましょう。

普段の食事がすぐ終わってしまう人は、よく噛んでいないことが原因だと考えられます。
噛まないと唾液の分泌量が減ったり、胃への負担が大きくなったりするのでメリットがありません。
最初はもどかしく感じるかもしれませんが、慣れれば自然に30回噛めるようになります。
また口寂しく感じた時は、ガムを噛んで唾液を分泌させるのも口臭予防に効果を発揮できます。

効果的なマッサージ

なかなか唾液の分泌量が増えない人は、マッサージで促しましょう。
マッサージは3種類があるので、好きなものを選択してください。
もちろん、全て実践しても構いません。
まずは耳の下をマッサージする方法で、頬に指を当ててください。
そして後ろから前に、縁を描くようなイメージで指を動かすだけです。
次は顎の下のマッサージで、耳の下から顎の先を順番に押しましょう。
この時は、顎の内側をメインにマッサージすることがポイントです。
最後は舌下腺マッサージという名前で、両手の親指を顎に当てて、押し上げるだけになります。

またお茶を飲んで水分を補給し、口内に潤いを与えるのも効果的です。
中でもポリフェノールが含まれているお茶だと、口内を殺菌できます。


口臭の予防に繋がる

この記事をシェアする